知識・技能を育てる

英語4技能の育成

本校の英語教育は「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」の4つの力をバランスよく身につけることを目標としています。そのために放課後や休日を利用して全員参加と希望制を織り交ぜ、Eラーニングの活用や英語を用いた探究活動を通じて、生きた英語力の強化と4技能外部試験のスコアーアップに向けた指導を実践しています。 リスニング対応力の向上をはじめ、英語での思考力・表現力・発信力強化、英語を用いた主体的な学びの機会を設けています。

英語4技能の育成画像01
英語4技能の育成画像02

Eラーニング

高度情報化社会に対応していくには、情報を有効に活用する能力が必要不可欠です。本校ではICT環境の整備、拡充に取り組んでいます。 

Active Learning に適したラーニングスタジオの特設やプロジェクターの視認性を高める遮光カーテンの設置など設備を充実。ソフト面においては「基礎知識習得後にグループで思考の過程を確認しあいながら行う入試演習(INPUT を終えたのちに OUTPUT の術を究めます)」の実施や「ICT を活用した課題の配信や添削の充実」を図っています。1人1台クラウドを利用したPC端末を各教室で利用できる学習環境を活かし、紙や鉛筆のごとくICT活用力を身に付けていきます。

Eラーニング画像01
Eラーニング画像02