卒業生からのメッセージ

Yさん(東京大学 教養学部 文科二類)

常総学院には、生徒が自分のやりたいことを徹底的に追求できる環境が整っています。スポーツがしたければ高校で部活動一色の生活を送ることができますし、勉強がしたければ先生方の熱心な指導を受けることができます。私も硬式テニス部での活動を中心に毎日充実した学校生活を送ることができ、第一志望の東京大学に合格することができました。
中学受験をする皆さんはまだ青春をかけて打ち込みたいものが見つかっていないかもしれませんが、常総学院に入学すれば、きっと進むべき道が見つかるはずです。ぜひ皆さんも常総学院に入学して、表面的な“リア充”にとどまらない、本当の意味で充実した学校生活を過ごしてください。

Tさん(筑波大学 医学群 医学類)

私は常総学院で非常に実りある6年間を過ごすことができました。日々出される課題や先生方の熱いご指導・切磋琢磨できる仲間の存在は、自然と私を机に向かわせてくれました。中高6年間サッカーを続けており、勉強時間の確保が難しかったり大会で授業に出られなかったりして不安な部分もたくさんありましたが、そんな私に合った勉強プランやアドバイスを先生方が提示してくれたので、大好きなサッカーを続けながらも医学部に合格することができました。
受験生のみなさん、常総学院には夢に向かって努力できるすばらしい環境があります。ぜひ常総学院に入学して、充実した6年間を過ごしてください。

Uさん(東京外国語大学 国際日本学部 国際日本学科)

常総学院での中高6年間を通じて、私は「努力すれば必ず結果が出る」ということを学びました。日々の授業や課題に取り組む中で見つかる疑問に先生方は熱心に答えてくださり、安心して学習を進めることができました。また、勉強以外にもさまざまな行事があることで一生懸命になれる機会にも恵まれ、常友祭や合唱祭などでクラスメイトと試行錯誤した経験は一生の宝物になっています。思いっきり努力ができて、それを応援してくれる環境が整った常総学院だったからこそ、高い目標を最後まで持ち続け、実現することができたのだと確信しています。ぜひ、みなさんも常総学院に入学して、実りある学校生活を送ってください。

Eさん(早稲田大学 人間科学部 人間情報科学科)

常総学院で過ごした私の6年間は、先生方や友達のおかげでとても楽しいものとなりました。部活動に熱中できただけでなく、勉強にも打ち込むことができたのは、常総学院が整えている最高の環境のおかげだと思います。図書館には洋書から最新の本や雑誌、大学の過去問も充実しており、テスト前には夜間図書館を利用して集中して好きなだけ勉強できました。
中学受験をするみなさんは、高校のことや大学のことはまだ詳しくはわからないかも知れません。しかし、常総学院ではスポーツや勉強・音楽など興味があることには何にでも取り組める環境があります。ぜひ常総学院に入学して、最高の6年間を過ごしてみてください!

Dさん(筑波大学 医学群 医学類)

志の高い仲間と日々研鑽し合えた環境が、今回合格に繋がったと思います。また、先生方の具体的なアドバイスや先輩方の経験によるデータ、規律に基づいた一貫性のある授業など、合格へと結びついた要因は挙げればきりがありません。地域医療の発展に一医師として貢献できるよう、大学でも頑張ります。

Mさん(東京工業大学 生命理工学院)

常総学院の授業は、習熟度に合わせて行われるので、教科書の基礎的な問題から入試問題レベルの発展的な問題まで時間をかけて理解しながら深く学ぶことができます。その結果、第一志望の東工大に合格できました。また、クラスに同じ志を持つ友達がたくさんいたことで、将来の夢に向けまい進することができました。工学系の研究をするという将来の夢に近づくことができた常総学院高等学校には感謝の気持ちでいっぱいです。

Sさん(東京大学 文科一類)

常総学院での生活は多忙です。授業時数が多く、放課後には特別講座があります。私は毎朝早く登校し図書館で自習しました。入試直前には面接対策や小論文対策の個別指導も長時間徹底して行いました。しかし、そのようにして入試までに非常に豊富な学習量を確保できたことが東京大学現役合格につながったと思っています。また部活動ではパワーリフティング部に3年間所属し、世界大会に出場しました。部活動に打ち込むことで努力の大切さや忍耐力を学びました。クラスの仲間も真摯に勉学に向き合う人ばかりで尊敬できる友人も多くできました。常総学院の生活で得た力が、第一志望合格に導いてくれたと思っています。

Tさん(東北大学 文学部 人文社会学科)

難解な大学入試の問題は、通常授業だけでは分からない所が出てきます。そんな時、先生方から自分ではたどり着けない多くの「気づき」を頂きました。入学当初は、高校生活への不安を漠然と抱えていましたが、すばらしい環境によって払拭できました。

Uさん(上智大学 経済学部 経済学科)

私は、ほぼ毎日夜間図書館を利用して学習に取り組みました。一緒にがんばった友達との切磋琢磨、先生方の励ましやアドバイスのおかげで第一志望に合格することができました。大学では欧米留学により国際的感覚を身につけ、将来は、広告代理店など情報を発信する仕事を通して世界規模で社会貢献できる人になりたいと考えています。

Rさん(大阪大学 外国語学部 ドイツ語学科)

私のクラスは自由で雰囲気の良いクラスだったので、自分のペースで学習ができました。大学では、EUのリーダー的存在であるドイツで語学を学びたいです。他学部の人と触れ合い、留学することでグローバルな視点を身に着け、将来は国際社会で活躍できるような人になりたいです。県立高校の受験に失敗した私をここまで成長させてくれた常総学院には感謝の気持ちでいっぱいです。

Iさん(筑波大学 人文・文化学群 比較文化学類)

私は、塾に行かずに筑波大学に合格することを目標に、常総学院に入学しました。毎日のように質問や相談に行っても、先生方は親身に向き合ってくれ、高校一年の時から志望校合格に向け手厚い指導をしてくれました。ライバルであり仲間であるクラスメイトと競い合い高め合った3年間が実を結び、今は晴れ晴れとした気持ちです。

Aさん(筑波大学 社会・国際学群 社会学類)

私は吹奏楽部の活動を中心に高校生活を送りました。全国大会や甲子園、インターハイなど、高い目標を掲げたクラスの仲間と取り組めたので非常に充実した高校生活でした。そのような経験は、今後の人生の大きな糧になると実感しています。大学生活も今まで以上に実りあるものにしていきたいです。

Kさん(茨城大学 人文社会科学部 法律経済学科)

常総学院の野球部に憧れて入学した私ですが、学習面は勿論、礼儀や時間厳守など社会に出て大切なことも多く学べました。部活で時間がなかなか取れない中、入試に向け細かな指導をしていただくなど、卒業して改めて面倒見が良い学校だったと感じます。常総で学んだ事を将来に活かしていきたいと思います。

Tさん(東京理科大学 工学部 情報工学科)

駅伝部の練習と平日7時間授業と週数回の特講を両立するというハードな毎日でしたが、先生方やクラスメイト、部員、家族のみんなに支えられ、とても充実した高校生活を送ることができました。第一志望の東京理科大学に合格でき、常総学院に入学して良かったと感じています。将来システムエンジニアになれるように大学でも頑張ります。

Aさん(中央大学 理工学部 人間総合理工学科)

私は、学業と陸上部の活動の両立を目指して入学を決めました。部活動には短い時間ながらも集中して取り組むことができました。常総学院では、自分に一番合った受験方法や進路決定とはどういうことかを先生方が生徒ひとりひとりとしっかり向き合いながら指導してくださったのが印象的でした。3年間この学校に通うことができて本当に良かったです。

Mさん(法政大学 社会学部 メディア社会学科)

物事に対する集中力、自分に負けない克己心。3年間陸上部に所属して得たそれらのものは、目標とする大学にむけて勉学に励むことにも繋がりました。入試では、大学が求める人物像を理解するため教授の本を読み漁るなど、幅広い知識を自分に取り入れて臨みました。1分間スピーチやクラスディスカッションなど、自分を表現する場が多くあるのも、将来に役立つと思います。